真実

物語の余韻に浸り、私はボーッとしていた。

私はいつまでここにいるんだろう……?

ふと、そんな疑問が頭を駆け巡った。

それと同時に、私は突然背後から声をかけられた。

「ついに、全てを知ってしまったのね」

「あなたは……」

声の主は、私の夢によく出てくる女の子だった。

「……感想はどうかしら?」

「後味悪かった……」

「そう……」

私たちの会話は一度途切れる。

そして、私はずっと抱いていた疑問を尋ねた。

「……ねぇ、ここはどこなの?あなたはどこからやって来たの?」

「ここは私の深層心理よ。私は元からここにいるわ」

「えっ……?」

私の理解は全く追いつかなかったが、とりあえず話を合わせておくことにした。

「じ、じゃあさっきの映像は、あなた……?」

彼女は黙ってしまった。

そして、少し間を開けてからこう言った。

「……さあね。どうかしらね?」

「ハッキリしないなぁ」

「まあいいじゃない。それより、あなたこそどうやってここに来たの?」

「えっ?」

突然の質問に、私は驚いてしまった。

聞かれた質問に答えを探そうとするも、一向に見つかる気配はなかった。

「……分からない。全く覚えてないや」

「はぁ……本当に困った人ね、あなたは」

女の子は呆れたようにため息をついた。

でも、その姿はどこか嬉しそうにも見えた。

「あなたは、これからどうするつもりなの?」

「うーん。別にここにいてもいいんだけどさ〜、なんかそれじゃいけない気がするんだよね」

「……どうして?」

「私、何か大事なことをしようとしてた気がするから」

「……じゃあ、元の場所に戻らないとダメね」

「うん。どうやったら戻れるか分かる?」

「そこまでは私にも分からない。だけど、一つだけ言えることがあるわ」

「なになに?」

「さっきも言ったけど、ここは深層心理なのよ。普通ならこんな所に来れるはずないわ」

「つまり、どういうこと?」

「今のあなたの身体は、普通の状態じゃないんじゃないしら」

「……余計に意味分からないんだけど」

「例えば気絶してるとか、夢を見てるとか」

「そんな自覚全然ないけどなぁ」

「少なくとも、あなたの意識が覚醒してないことは確かだと思う」

「そっかぁ……じゃあ、誰かが起こしてくれるのを待つしかないのかなぁ?」

「そんな楽観的でいいの?」

「えっ?」

「さっきも言ったけど、今のあなたは異常な状態なのよ?それでなんとかなるとは思えない」

「じゃあ、どうしたらいいの?」

「……自力で目覚めるしかないわね」

「それが出来れば今頃こんな所にいないよー」

「それもそうだったわね」

そこで再び会話が途切れてしまった。

ふと、私はあることに気が付いた。

「ここはさ、“あなたの”深層心理なんだよね?」

「ええ、そうよ」

「私はどうして他人の深層心理にいるの?」

「……さぁね」

「……もしかして、何か知ってるんでしょ?いつも何か知ってそうな感じだもんね」

「私は知らない」

そう言うと、女の子は突然逃げ出した。

「あっ、ちょっと待ってよ!なんで逃げるの!?」

今日こそは捕まえてやる、そう意気込んで背中を追いかけた。

 

しばらくの間走り続けていたが、いつも通り追い付くことが出来なかった。

まるで何かの壁に阻まれてるようだった。

どうしても一線を超えることが出来ない。

もう少しで追いつけそうなのに……

ただ、いつもと違うことが一つだけあった。

それは、私が目覚めないということだった。

いつもなら追いつけないところで目が覚めるのだが、今回に限っては全くその気配がなかった。

……これは、あの子を捕まえろということだろうか?

そう思い、もう一度走り始めた。

しかし、結果は変わらなかった。

だが、不思議なことに女の子は、私から一定以上は離れようとしなかった。

まるで、私が追い付いて来るのを待ってるかのようだった。

「絶対追い付いてやる!」

自分に喝を入れ、再び走り始めた。

 

……そして、私はついに女の子に辿り着くことができた。

「……やっと追い付いた。もう逃げないでよ?」

彼女は何も言わなかった。

「……どうしていつも私から逃げるの?理由があるなら教えてよ」

「……あなたを守るためよ」

「えっ……?」

「私は、あなたを守らきゃいけない!……もうこれ以上大切な人を失いたくない……」

「やっぱり、さっきの物語はあなたのお話だったんだね……?」

「……うん」

「そっか。……辛かったね」

私がそう言うと、彼女はいつか見たように泣き出してしまった。

今になってようやく泣いてた理由が分かった。

「でも、私を守るってどういうこと?」

「……それは、言えない」

「ここまで来たら教えてくれてもいいじゃん」

「ダメだよ……それだけは言えない」

「困ったなぁ…」

そこでまた会話が途切れる。

一体これで何度目だろうか?

そして、それを打ち破ったのはまたしても私だった。

「……ねぇ、私とあなたってどういう関係なの?私はあなたのこと知らないけど、あなたは私のこと知ってるよね?もしかしてどこかで会ったことあった?」

「会ったことはないよ」

「……じゃあ、どうして私のこと知ってるの?」

「……」

「それも言えないってこと?」

「……うん」

「分かった」

そこでまた沈黙しそうになったが、珍しく彼女から私に話しをかけてきた。

「……あのさ」

「どうしたの?」

「あのお話、どうだった?」

「またその話?」

「いいから、答えてよ……」

そこで、私はあの凄惨な物語を思い返した。

少し思い出すだけで心がズタズタにされてしまうような、そんな物語だった。

……そして、私は自分の感じたことを素直に伝えた。

「お話自体は本当に辛かった。……でも、あなたはとても頑張ってたと思う。それに、とても強かった」

「強かった……?」

「うん。……結果的には何も救えなかったかもしれない。でも、あなたは最後まで諦めなかった。あんな逆境に立たされても、必死で生きようとしてた。……それがすごく強いなって思ったよ」

「ありがとう……」

「あなたは本当に頑張ったよ。だから、これからは自分のことをもっと大切にしてあげて」

「うん」

そう言って、彼女は笑ったような気がした。

「私は、自分を許してもいいの……?」

「いいに決まってるじゃん」

「人を殺したのに……?」

「それだって、本当はあなたのせいじゃない。むしろ、あなたがいてくれたからあそこまで生きられた。彼女もそう思ってくれてると思うよ?」

「そう、なのかなぁ……?」

「私はそう思うよ」

そして、最後に彼女は私にこう尋ねた。

「……私は、生きてててもいいのかな?」

「当たり前だよ。自分に誇りを持っていいんだよ」

「……そっか、良かった……」

そう言った瞬間、彼女の顔から靄が晴れた。

……そして、私は初めて女の子の顔を見た。

「えっ……あなたは……」

そっか。

そういうことだったんだ。

どうして今まで気付かなかったんだろう。

……あの物語の主人公は……“篠原美月”。

つまり、私自身だったのだ。

 

前回→無慈悲な結末

続き→

目次→新しい君と

コメント

タイトルとURLをコピーしました