結ばれない空

ここはどこだろう?

私は自分がどこにいるのか分からなかった。

まるで宇宙空間にいるようだった。

全身の感覚は消え、無重力空間に一人漂い続けている。

そんな空間で、私は一人スクリーンを眺めていた。

その映像はモノクロで、音声も殆ど聞こえなかった。

 

ーー

「美月ちゃん、私と一緒に死んでくれない……?もう、疲れちゃったよ……」

「……そんなこと出来ないよ。今まで一緒に頑張ってきたじゃない。もう少しでクラスも変わるし、きっと大丈夫だよ。ね?」

「私、美月ちゃんみたいに強くない。どうして私たちだけがこんな思いしなくちゃいけないの……?」

「麗奈ちゃん……」

「神様なんて、この世界にいないんだよ……本当にいるなら、私たちを助けてくれるはずなのに……」

彼女の優しげな瞳からは大粒の涙が溢れ出し、地面にポツリポツリと模様をつけた。

「……辛いけど、死ぬのはダメだよ。生きてれば、きっといつか救われるよ……」

「そんな日来るわけないじゃんっ!」

「えっ……」

「希望を与えるみたいなこと言わないでよ……そんなこと言われても余計に辛いだけだよ……」

「……ごめんね」

私は、震える彼女を力強く抱きしめた。

……そうしないと、自分も壊れてしまいそうだった。

「美月ちゃん。私、やっぱりもう無理かも……」

「お願いだから、馬鹿なこと考えないで!」

「馬鹿なことってなに……?生きてるのが辛くて死のうとすることが馬鹿なことなの……?」

「死んじゃったら、何もかも終わっちゃうんだよ……?それに、私たちがここで負けたらあいつらの思うツボだよ。そんなことで死ぬなんて、絶対にダメだよ」

「そんなこと分かってる、分かってるよ……」

「麗奈ちゃん……」

「……でも、もう楽になりたい。こんな思いを抱えながら生きてくなんてできない……逃げることは、いけないことなのかな……?」

「私がずっと付いてるから。一緒に頑張ろうよ……」

「……でも、美月ちゃんは私と死んでくれないんでしょ?……それならせめて、私のこと殺してよ」

「麗奈ちゃん……?一体なにを……」

「美月ちゃんに殺されるなら、本望だよ」

「そんなこと出来るわけないじゃん!いい加減にしてよっ!私だって辛いんだよ……お願いだからこれ以上困らせないで……」

彼女を慰めるために感情を抑えていたが、ついに限界が来てしまった。

一度溢れ出した想いはどうやっても止められず、感情の波に流されるだけだった。

「……ごめん。私、美月ちゃんのこと困らせてたんだね」

「……」

「死にたいのに死ぬのが怖いなんてわがままだよね。その上、美月ちゃんに殺してなんてお願いしちゃうなんて。私、最低だな……」

「……麗奈ちゃん?」

「美月ちゃん、ごめんね。さようなら」

彼女は、静かに屋上から身を投げ出した。

嫌な予感がした私は、間一髪のところで彼女の手を掴む事ができた。

しかし、三分の一ほど身体を持っていかれてしまい、油断すると一緒に落ちてしまう状況だった。

「離してよっ!」

「麗奈ちゃんは、私が死なせない!」

「どうして、そこまでするの……?」

「……麗奈ちゃんが、大切な友達だからだよ。それ以上の理由がいる……?」

「じゃあ、この手を離してよ」

「えっ……?」

「私は、もう終わりにしたい……だから、本当に私のこと思ってるならこの手を離して……?」

「できないよ……」

「なんでよ。……本当は、私のこと大切だなんて思ってないんだね」

「そんなことない!変なこと言ってないでしっかりしてよ!」

「もう遅いよ」

「遅いなんてことないよ!……諦めなければ、必ず道は開けるから」

「そんな綺麗事聞きたくない!」

私たちの間に、静寂が訪れる。

お互いに一言も発さなかった。

いや、発せられなかったのだろう。

そして、その瞬間は突然やって来た。

「美月ちゃん!危ないっ!」

「えっ!?」

突然の出来事に、私は咄嗟に後ろを振り向いてしまった。

そして、それと同時に私の腕に衝撃が走った。

刺激に気付き、もう一度視線を戻した時には全てが手遅れだった。

身体を引っ張っていた重みは消え、私の腕は空を仰いだ。

「えっ……?」

私の元から離れていく彼女は、涙を流しつつも笑顔だった。

そして、最後にこう言った気がした。

ありがとう。そして、ごめんなさい

やがて、一人の少女だったものは、私の目の前で別の物体へと姿を変えた。

わけも分からないまま、私は逃げるようにその場を後にした。

 

前回→崩れゆく心

続き→ザンコクな世界

目次→新しい君と

コメント

タイトルとURLをコピーしました