充の過去 ~花の冠~

母さんの誕生日に向けて、僕はプレゼントの準備をしていた。

何を作っているかというと、花の冠だ。

僕はお金を持ってなかったので、自分の手作りでプレゼントをしようと考えた。

その中で母さんが喜びそうなものを吟味した結果、花の冠を作ることにしたのだ。

もちろん、母さんには秘密である。

そのため、僕は出かけるとだけ告げて少しずつ作業を進めていった。

つい熱中してしまい、帰りが遅くなってしまうことがあった。

母さんは、そんな僕にこう言った。

「充、最近帰ってくるのが遅いわよ?この辺は都会と違って暗くなると危ないから、もう少し早く帰って来なさい」

「はーい」

僕は、聞いてるのか聞いてないのか怪しい返事を繰り返した。

その姿に母さんは少し呆れていたが、当初の僕は作業のことで頭がいっぱいで、全く気にしていなかった。

 

この日も作業を進めるために、公園へとやってきた。

雨の日や天気が悪い日は作業が滞ってしまうので、進められる時に出来る限り進めておきたかった。

公園に着いた僕は、いつも通り手軽なシロツメクサを摘み、着実とその輪を大きくしていった。

「これなら、誕生日に間に合いそうだね」

僕は一人でそう呟いた。

そして、早くも母さんが喜ぶ姿が目に浮かんでいた。

完成の一歩手前という所まで進めて、この日は家に帰ることにした。

……しかし、この判断が全てを狂わすこととなってしまったのだ。

 

花の冠がもう少しで完成する。

そこまで来たのに、しばらく雨が続いてしまった。

母さんの誕生日は今日だった。

十五時くらいまで雨が降り、その後は晴れるらしい。

雨が止んだらすぐに行くぞ、と意気込んでいた。

「母さん、雨が止んだら出かけようと思うんだけど、いい?」

「ええ、良いわよ〜。ただし帰ってくるの遅くなっちゃダメだからね〜」

「分かった」

「父さんも一緒に行こうかー?」

「すぐ帰ってくるから大丈夫だよ!」

「……そうか、気を付けるんだぞ」

この日、父さんは誕生日を一緒に過ごすために仕事を休んでいた。

家族三人で誕生日会をやって、楽しく過ごす。

……そのはずだった。

 

ようやくいつもの公園に着いた。

時間にして十六時だった。

作業を始める時間がいつもより遅いが、僕は心配していなかった。

なぜなら、完成間近だからだ。

これならそんなに時間がかからずに完成する。

そう思っていた。

「えっ……?」

僕がいつもシロツメクサを摘んでいる場所は、悲惨な事になっていた。

「どうして、こんなことに……?」

花の茎はポッキリと折れ、まるで何かに押し潰されたかのようにズタズタにされていた。

そこで僕はあることに気付いた。

「雨だ……あの雨のせいだ……!」

ここ最近の連続した雨で、花がダメージを負ってしまったのだ。

小雨ならまだしも、ゲリラ豪雨のような日もあった。

それらを考えると、花がこうなってしまっても不思議ではなかった。

僕はすぐに、同じ公園内でシロツメクサが生えている場所を探した。

だが、結果は同じだった……

この辺一帯のシロツメクサは絶滅していた。

この時点で時刻は十七時。

時間はどんどん遅くなっていた。

しかし、そんな事は関係無かった。

「これを完成させなきゃいけないんだ、それまでは帰れない」

僕は公園を離れ、別の場所に移ることにした。

少し離れた所なら、もしかしたら咲いてるものがあるかもしれない。

そう考えたのだ。

 

隣町まで来て、同じように花が咲いてそうな公園をひたすら回った。

しかし、どこに行っても花は見当たらなかった。

同じようにズタズタにされていたり、そもそも花が咲いてない公園すらあった。

僕は絶望した。

諦めかけて帰ろうと思った時、僕の視界にある物が目に入った。

花屋だった。

これだ!

考えるよりも先に足が動き出していた。

「すみません!ここにシロツメクサはありますか!?もしあったら僕にくれませんか!?」

「坊っちゃん、そんなに急がなくても花は逃げたりしないから大丈夫だよ……」

「あ……すみません」

僕は一気にまくし立ててしまった。

その様子に、花屋のおばあさんはびっくりしてしまったようだ。

「これで良いのかい?はい、三百円ね」

そう言われて、ようやく我に帰った。

そういえば、お金持ってないんだった……

だからこそ公園でせっせと花を摘んでは作業を進めていたのに、頭に血が上っていた僕はそれを忘れていた。

「ごめんなさい、僕お金持ってないんです。……でもシロツメクサが必要なんです!どうしたらそれをいただけますか?」

お金がないのなら、何か手伝いをしよう。

そうしたら花が手に入るかもしれない。

とにかく僕は必死だった。

「坊っちゃん、お金を持ってないんじゃ花は渡せないよ?」

「何でもしますから!お願いします!」

「そう言われても、困ったねぇ……」

おばあさんは、あからさまに困った素振りをした。

それから、何かに気付いた様子でこう言った。

「仕方ないね……今回は特別にタダであげるよ」

そう言いつつおばあさんは、僕の右手に握られている出来かけの“それ”を見ていた。

「ほんとですか!?ありがとうございます!」

「ちゃんと完成させて喜ばせてあげな」

何も言わなくても、おばあさんは事情を察してくれてるようだった。

そして、僕はその場で花の冠を完成させた。

ようやく完成した。

これで後は渡すだけだった。

「おばあさん、本当にありがとうございました」

「いいってことよ。それより、子供がこんな時間まで外にいて大丈夫かい?早く帰った方が良いんじゃないのかい?」

ハッとして、店内に置いてあった時計を確認した。

時計の針は、二本の足のようになっていた。

早く帰らないと!

「おばあさん、さようなら!」

「はいよ、気を付けて帰るんだよー」

僕はその場を後にして、急いで家に向かった。

 

前回→充の過去 ~幸せだった日常~

続き→充の過去 ~悲劇の夜に~

目次→新しい君と

コメント

タイトルとURLをコピーしました