プロローグ

あの日、君は姿を消した。

年下の悠介が“君”なんて呼ぶのは、おこがましいことだろう。

しかし、彼女はそんなことで怒るような人でもなかったし、きっともう二度と会うことはない。

彼女は、悠介にしか見えなかった。

俗に言う幽霊というやつだ。

彼女の正体に気付いていれば、もっと色々なことをしてあげられたのではないか。

未練ばかりな考えを振り払うように、悠介は頭をクシャクシャとかき回した。

頭部に微かな刺激を感じ、その正体を確認すると、細く気の抜けたような髪が指に絡みついていた。

特に気にするわけでもなく、悠介はそれをゴミ箱に払い捨てる。

仮に正体を知っていたところで、彼女は姿を消していただろう。

今なら、それがよく分かる。

終わってしまったことはもう変えられない。

気付けば、自然と机の中にある手紙を取り出していた。

あの日以来、机の奥底に眠ったままのしわくちゃになった手紙。

これを読んだことで、悠介は彼女の正体を知った。

あれからまだ一週間ほどしか経っていないというのに、もう遥か昔のことように感じる。

それだけ、彼女がいなくなってからの時間は何の色も無く、ただただ流れていくだけの物と化した。

無意識の内に彼女と過ごした日々を思い返してしまい、胸の奥から何かが込み上げてきた。

こんな風に悲しむ姿を彼女が見たら、きっとこう言うだろう。

 

『悠介くんなら、もう私がいなくても大丈夫ですから』

 

と。

起きるはずのない妄想ばかりを繰り広げ、なんだか少しだけ気持ちが紛れた気がした。

その効果が現れたのか、悠介はようやく屋根を鳴らし続ける音に気が付いた。

その音は、規則正しいようでまばらだ。

一定のリズムの中で、ところどころにドンッ、と強い衝撃音が鳴る。

その音の大きさから、それがどれくらいの強さのものなのかは想像がついたが、念のため確認しようと窓を開けた。

その瞬間、悠介の重心は後ろへと押し倒されることとなった。

上半身を後方に持っていかれつつも、机に手をかけ体勢を立て直す。

軽く息を吐き出し、悠介は安堵した。

ぼんやりと外を眺めていると、彼女と出会った日のことを思い出した。

「……あの日も、こんな天気だったな」

見覚えのある景色に、思わず心の声が漏れる。

悠介は静かに目を閉じ、もう一度だけ彼女との出来事を思い返した。

 

続き→夏の到来

目次→めぐりめぐるその日まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました