答えのない質問を

ダメージを受けた髪、少しこけた頰、注意深く観察すると疲れを感じ取れる顔だった。

一人の女性は、定期的にこの場所に訪れていた。

「……私は、どうしたらいいんでしょうかね」

その質問が返ってこないことは、自分が一番分かっている。

それでも、心の拠り所を求めるかのように尋ねてしまうのだ。

ここは墓地。

目の前の墓石には、篠原の名が刻まれている。

……そして、この中には私の夫が眠っている。

あれから半年近く経ったが、未だにあの娘とどう接したら良いのかが分からない。

あの子の親はもう私しかいないというのに……

一人で悩み抜いた結果選んだのは、“現状維持”だった。

いや、選んだなんて大層なものではない。

それしか選べなかったのだ。

だけど、本当にこのままでいいのだろうか……?

私がやっていることは、親としてのエゴを押し付けてるだけなのではないだろうか……?

今でも悩み続けていた。

真実を打ち明けるべきなのか、それとも何も知らせずに“今の美月”と暮らしていくのか。

……分からなかった、何もかも。

 

前回→夕暮れ時

続き→心の在り処

目次→新しい君と

コメント

タイトルとURLをコピーしました