秋トリオ合流

話を終えた僕は、話始める前と同様に一度深呼吸をしてリラックスした。

そして、最後にこう言った。

「……これが僕の考えだよ。僕の勝手な行動のせいで両親は死んだ。……僕はそんな罪悪感から逃げたいだけなんだ」

「……そうだったんだね。話してくれてありがとう。辛い思いさせちゃってごめんね……」

「別に大丈夫だよ。僕が勝手に話し始めただけだから」

「充君の考えは分かったけど、それでも私は記憶を取り戻したいかな。なんかごめんだけど」

「分かってるよ、僕たちは元々正反対だからね」

僕の話を聞いて、今更考えが変わるとも思ってない。

それに、僕は彼女を尊重するだけだ。

さっきは記憶を取り戻す事を止めようとしたけど、それは無しにしよう。

彼女の行きたい方向に付いていく。

そして、その方向に行けるよう全力でサポートするだけだ。

「……私の手伝い、嫌だったら降りても大丈夫だからね?」

「突然どうしたの?まさか気使ってくれてるの?」

「だって、あんな話聞いた後じゃなんか申し訳なくて……」

「そういうつもりで話したわけじゃないし、変に気を使わないで良いから」

「そう……?じゃあ、もし嫌になったら遠慮なく言ってね?」

「……それは美月の方だよ」

「ん?何か言った?」

「…いや、何でもないよ」

「そう?じゃあ、改めてよろしくね!」

「うん」

彼女は、そう言いながら微笑んだ。

……別に、手伝いを降りても良かった。

けど、美月の状況を知っていて中途半端に引き返すことは出来ない。

それなら、このまま最後までやり切った方がいい。

……それに、僕と正反対の彼女が記憶を取り戻した時に、どういう道を選択するのか。

そこが一番知りたかった。

それを確認するには、彼女を手伝うのが一番良い。

……それにしても、随分と長く話してしまった。

自分からこんなに話したのは久しぶりだったので、少し疲れてしまった。

話し終えて落ち着くと、なんだか違和感があった。……何か忘れてる気がする。

必死に思い出そうとしていた矢先、その正体は突然僕たちの目の前に現れた。

「あのー……お二人とも仲直り出来ましたか?」

「あっ……ごめん。声かけるの忘れてた……」

「やっぱりそうだったんですねー……」

突如現れた少女は、少し呆れた様子でため息をついた。

「声かけるって何のこと?」

「紺野さんは、僕たちが仲直りする為に協力してくれたんだよ、二人で話せるようにって」

「だからか〜、なんか変だと思ったんだよ〜」

「でも、仲直り出来たなら良かったです」

「わざわざありがとね!紅葉ちゃん!」

「……いえ、どういたしましてです」

 

合流した僕たちは、他愛のない会話をしながら花畑に向かった。

様々な色で彩られたそれは、まるで一つのアートのようだった。

「想像以上に綺麗ですね」

「紅葉ちゃん見て見て!こっちの花も綺麗だよ!」

女子二人は、キャッキャッ言いながら花畑を堪能していた。

「花、か……」

そんな二人を脇目に、僕は遠い昔を思い返していた。

ここには、あのシロツメクサもあるのだろうか?

気付けば、あの時と同じ花を探していた。

「秋山君?どうかしたんですか……?」

「……いや、何でもないよ」

僕は、何事もなかったかのような素振りをした。

 

「この後は湖に行くんですよね?」

「その予定だけど、ご飯とかどうする?」

「あ、それなんですけど。実は私お弁当作ってきたんですよ。良かったら一緒に食べませんか?」

「紅葉ちゃん料理できるの!?」

「お二人の口に合うか分かりませんけど、人並みにはって感じですね」

「私食べてみたいな〜、充君はどうするの?」

「……じゃあ僕も頂こうかな」

「じゃあ、湖に着いたらシートを引いて食べましょう」

こうして、休憩とお昼ご飯を兼ねて湖へと向かった。

その道中、美月に例の事を打ち合わせた。

「あのさ、美月が良ければ湖で記憶のことを話そうと思うんだけど、どう?」

「えっ、なんか自分事みたいだね」

「そんなつもりはなかったんだけどね。ごめん」

「いいっていいって。私はそれでも構わないよ。丁度良いタイミングだと思うし」

「紺野さんに話した後はどうするの?一緒に手伝ってもらうの?」

「それは、紅葉ちゃんが決めることだよ」

その言葉を聞いて確信を持った僕は、思ったことを素直に吐き出した。

「……あのさ、前々から思ってたんだけどさ」

「ん?」

「僕と紺野さんの扱い、なんかちょっと違くない?」

それを聞いた彼女は、目を丸くしていた。

それから少しして、美月はクスクスと笑いながらこう言った。

「いやいや〜、気のせいでしょ〜」

絶対気のせいじゃない……

そう思ったが、このまま話し続けても平行線になりそうだったので、それ以上は追求しなかった。

それよりも、今は記憶のことだ。

「……僕からもそのことで、二人に話したいことがある」

「えっ!?もしかして何か分かったの!?」

「うん。とりあえず後で詳しく話すよ」

そんな会話を繰り広げている内に、気付けば湖にたどり着いていた。

 

前回→充の過去 ~エピローグ~

続き→友達

目次→新しい君と

コメント

タイトルとURLをコピーしました