響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 紹介 卒業や進路、高校生の葛藤を描いたシリーズ第三作!

小説紹介

今回紹介するのは“響け!ユーフォニアム”という作品の第三弾です。

アニメ版ですと、第二期後半~最終回に当たる部分ですね。

それでは、早速紹介していこうと思います!

 

~あらすじ~

強豪ひしめく関西大会を勝ち抜いた北宇治高校は、ついに全国大会へと駒を進めた。

しかし、最終決戦に向けて部内の士気も高まっていたところで、部内の精神的支柱でもあるあすかが部活を辞めるという噂が浮上する。

そして、そんな噂が当たってしまったかのようにあすかは部活に姿を現さなくってしまった。

そのことに困惑した部員たちは、なんとかしてあすかを部活に引き戻そうと考えるのだが…?

 

という内容ですね。

ひとまず、この物語はここで一旦幕を閉じます。

 

~オススメの読者~

・尊敬してる先輩や後輩がいる人

・何かを諦めてしまったことがある人、または諦めてしまいそうな人

・自分がどうしたいのかが分からない人

・親とのいざこざを抱えてる人

・子育てをしてる人

 

以上が、オススメの読者さんです。

一つずつ解説していこうと思います!

 

→尊敬してる先輩や後輩がいる人

この巻では、二つの関係性が強調されています。

まず一つ目に、『 先輩』『後輩』いう関係ですね。

二つ目は後ほど述べていきます。

このストーリーでは、久美子とあすかに焦点が当てられます。

主人公の久美子は、自分が所属する低音パートのパートリーダーでもあるあすか先輩を非常に尊敬してるんですね。

とは言っても、先輩大好き!というような感じではありません。

能力を認めていて、自分もあんな風になりたいなーという意味での尊敬です。

先輩大好きキャラは別のキャラがいますので、そちらをどうぞ笑

この巻に限らず、今までも先輩と後輩の関係性がピックアップされてきましたが、今回はその集大成という感じですね。

先輩後輩の垣根を飛び越えて奮闘する姿に、影響を受けること間違いなしだと思います!

特に、自分が尊敬してる人がいる人にはとても感情移入しやすいストーリーです。

この物語は、久美子の視点で進んでいるので後輩から先輩を見るという視点になります。

しかし、逆にあすか先輩目線で見てみるとまた違った見え方が出来ます。

そうすると先輩から後輩を見るという視点に変わるので、可愛い後輩がいるという人はそちらの目線から見ると感情移入しやすいと思います!

自分にとってそこに当たる人が同じことで悩んでいた時に、自分だったら何をしてあげられか?どんな事をしてあげたいか?という事を思い浮かべながら読むと、とても楽しめると思います!

 

→何かを諦めてしまったことがある人、または諦めてしまいそうな人

この部分も、今回のストーリーでは肝となる部分です。

あらすじでも書いたように、あすかが部活を辞めるという噂が流れ、それを証明するかのように彼女は姿を現さなくなってしまうんですね。

もちろんそこには理由があるのですが、それは実際に読んで確認していただければと思います!

ここでは、彼女が姿を現さなくなったというのがポイントなんですね。

北宇治高校吹奏楽部へようこその記事でも書いたのですが、ここでも再び『大人』子供という対比が生きてきます!

あすかは大人の判断で、現実的な行動を起こそうとします。

主人公の久美子は、それが諦めモードに入ってしまってるように感じる訳です。

この『諦めモード』が、個人的には強いメッセージになってると思っています。

現実社会に生きていて、何かを諦めてしまう事はよくありますよね?

その理由は環境的なものでしたり、本人の問題でしたり、各々違いますよね。

それを本人が納得していれば問題はないのですが、納得できないの事の方が多いと思います。

というより、納得できないからこそ『諦める』なのではないでしょうか?

この物語では、そんな『諦める』という事に抗い続ける姿が描かれています。

そんな彼女たちの姿を見た時に、自分もまだ頑張れるかもしれない。と、勇気をもらえるかもしれません。

なので、何かを諦めてしまった人でしたり、諦めてしまいそうな人にはとてもオススメできます!

 

→自分がどうしたらいいのかが分からない人

→親とのいざこざを抱えてる人

→子育てをしてる人

ここはまとめさせてもらおうと思います。

ここで、後ほど述べると言った二つ目の関係性が出てきます!

それは子供です。

今回の巻では、あすか先輩の話とは別にもう一つストーリーが並行して展開していきます。

それが、久美子の姉のお話です。

ザックリと説明しますと、大学生で一人暮らしをしていた姉が、突然帰省してきたというお話です。

その理由やその後どうなるかというのは、実際に読んで確認していただければと思います!

個人的に家族全員がこのお話を読んだら、色々と考え方が変わるのではないかと思っています。

それくらい、この点もメッセージ性が強いです。

親と子供で求めている理想がズレていたり、すれ違ったりしてしまう事ってよくありますよね?

もちろん、それは誰かが悪いとかそういう話では無いです。

お互いのタイミングが悪かったり、自分の考えが伝わっていなかったり、そういうちょっとした事で起きてしまうものです。

これは親と子供に限定する話ではなく人間関係全般に言えることだと思うのですが、今回はこの関係性がピックアップされているのでそこに合わせました。

なので、そういった事で悩んだ事がある人には是非とも読んで頂ければと思います!

きっと、このお話を読み終える頃には、もう少しお互いに寄り添い合えないかと思えたり、分の考えは正しいのかという事を考え直すきっかけになるのではないかと思います。

 

~まとめ~

いかがだったでしょうか?

ネタバレをしたくないので曖昧な部分が多くなってしまいましたが、本当に素晴らしい物語なので是非とも読んで欲しいです!

今回は原作の小説を紹介してきましたが、アニメもありますので是非そちらもご覧ください!

 

~追伸~

シリーズ別の作品の記事も書いています。

小説も書いていますので、興味のある人はそちらも読んでみてください!

自作小説→新しい君と

コメント

タイトルとURLをコピーしました