10年後の仕事図鑑 紹介 変わりゆく未来をあなたはどう生きますか?

実用書紹介

今回紹介するのは、“10年後の仕事図鑑”という本です。

この本には、10年後の仕事のあり方や、どういった仕事が繁栄してどういったものが代替されていくのか、という内容が書かれています。

とはいえ、著者の一人である堀江貴文さんは「仕事がなくなるかどうかを予測するのは無意味で、そんなものは血液型占いくらいの精度しかない」と断言されています。

こうなるのではないか、と想像しつつも、それに振り回される必要はないということですね。

この本は「なるほど~、そうなるのかもしれないのか~」という感じで、頭の片隅に入れておくくらいがちょうど良いかもしれませんね。

ここからは、この本を読むにあたってオススメの読者をピックアップしていきます。

 

~オススメの読者~

・これから仕事を始めようとしてる人

・仕事とは何か考えたい人

・今後の生き方や社会について不安がある人

 

一つずつ解説していきます。

 

→これから仕事を始めようとしてる人

まずはこの点ですね。

記事の冒頭で「仕事がなくなるかどうかを予測するのは無意味で、そんなものは血液型占いくらいの精度しかない」という話をしました。

これは事実だと思います。

私も、未来のことを考えてはよく憂鬱な気分になっていました。

今でも考え過ぎてしまうことはありますが、必要以上に考える必要はないということに最近気付きました。

恐らく、この本を読もうとする人は私と似ているようなところがあって、不安要素を考え過ぎてしまう人なのではないかと思います。

じゃなければ、そもそもこんな本を読もうとは思わないからです笑

そして、何に悩むかといえば『仕事』に対することですよね?

そこで、この本が役に立つのではないかと思います。

この本には、今後衰退していくだろう仕事と、繁栄していくだろう仕事について書かれています。

これを考えることは無意味だと言いますが、それでも参考になる部分や、そうなる可能性があるだろうな、と感じる部分があるのも事実です。

なので、自分の方向性に悩んでいて、今現在特にやりたいことも何もないという方は、この本に書かれているような職に就くのも一つの手かもしれません。

とはいえ、そんな消極的な感じで仕事を選ぶのも嫌ですよね?

少なくとも私だったら嫌です。

それでしたら、この本で書かれている『別の働き方』に挑戦してみるのが良いと思います。

これに関しては、次の所で話していきますね。

 

→仕事とは何か考えたい人

先ほどの『別の働き方』という点について話していきたいと思います。

結論から言いますと、『遊びと働くの境界線をなくそう』という話です。

仕事は仕事、遊びは遊びと分けるのではなく、それぞれがうまく交わるような働き方をした方がいいんじゃないかということです。

遊びが仕事でもあり、仕事が遊びでもあるという事です。

パッと思い浮かぶものなら、『ゲーム実況者』とかがそうなのではないでしょうか?

彼らは『ゲーム』を趣味でやっていると思いますが、仕事でもあるわけです。

他にもアニソンシンガーなんかもそうですね、歌う事やアニメが趣味であると同時に仕事でもあるのです。

今のはほんの一例ですが、要はこういったことです。

それ以外でも、自分の好きな事に関わる商品を作ってそれを販売するとかですね。

これも立派な仕事なわけです。

実は、私の知ってる人でもそれを実現してる人がいます。

なので、決して他人事ではなくて、やるかやらないかということでしょう。

ここについては賛否両論あるかもしれませんが、あくまで一つの働き方としてそういったものがあるという事です。

仕事の概念が何かという事になるとまた少し話が逸れてしまいますが、ここで言いたいのは、自分が好きなことをお金に換えられるようになれば良いのではないかという事です。

そこで前提になるのが『好きなこと』ってどうやって見つけたらいいのって話ですよね。

その答えが、『興味のあるものになんでも手をつけてみよう』です。

また、『好きだから没頭するのではなく、没頭して夢中になるから好きになる』とも言われています。

つまりは、とにかく行動しなされということですね。

こういう働き方を考えてみると、仕事が遊びかというのを決めるのは他人ではなく自分という事だと気付きませんか?

先ほど挙げたものでもそうですが、他人から見たらただ遊んでるだけに見えるかもしれません。

しかし、本人からしたら至って真面目に取り組んでいるわけです。

仕事かどうかを分ける目安として、収益が発生するかどうかということを考える人は多いと思います。

確かにそれも重要ですが、何より大切なのはそこに対する『気持ち』なのではないかと思います。

私のことで例えると、小説を書いたり、このブログを書いたりなんてことは別に誰にも頼まれてないわけです。

それなのに何故そういった活動をしてるかというのは、自分が好きだったりやりたい事だからということに過ぎません。

そこにそれ以上の理由が必要ですか?ということです。

逆に、収益が発生してたとしても、そこに『気持ち』がなかったらどう思いますか?

なんとなーく適当に仕事をする、そんな姿を見ても誰も良い気がしません。

もちろん、自分自身も楽しくないですよね。

どんなことでもそうですが、一生懸命やろうとしてる人に人は協力したくなるのではないでしょうか?

職場で仕事が出来ない人がいたとしても、その人なりに一生懸命頑張っていれば教えてあげようと思えるはずです。

でも、いくら仕事が出来ても、そもそもやる気がなくて周りに悪影響を及ぼす人だったら、一緒に仕事したくないと思いますよね?

それと同じことなのではないかと思います。

……と、大分話が逸れてしまいましたね。

要は、好きなことに真っ向から取り組む人というのはそれだけで大きな魅力を持っていて、そうだからこそ周りの人も助けたいと思うし、その結果やがて仕事になるのではないかということです。

『好きこそ物の上手なれ』ですね!

本の紹介と同時に、個人的に思っていることも話してしまいました。

実際にはもう少し深掘りしていますし、詳しいことも書いてありますので、興味のある方は読んでみてくださいね!

 

→今後の生き方や社会に不安がある人

ある意味で、ここがこの本の一番重要なところなのかなと思います。

というもの、働き方や仕事というのは結局ここに辿り着きますし、それこそ社会的事情によって変わってくることでしょう。

この本には、こういった悩みに対する答えや、考え方といったものも書かれています。

なので、なんとなく将来が不安だと感じてる人や、今後どんな社会になるのかなーと想像したい人は読んでて楽しめるのではないかと思います。

また、AIや機械化などによる社会の変化なども綴られています。

そういったものが増える世の中は、仕事が奪われたりと暗い話が嘆かれる事が多いですが、この本を読むと意外とそうでもない事が分かります。

アニメや映画の中で起きてるような事が起きるのも、そこまで遠い未来ではないかもしれませんね。

 

~まとめ~

今回は“10年後の仕事図鑑”という本を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

とはいえ、10年後も生きてる保証はどこにもありません。

単純に何かに巻き込まれて死んでしまうかもしれませんし、未知の災害で地球全体が危機に陥ってしまうかもしれません。

そうなった時に大切なのは“今”ですね。

将来設計を立てることも大切ですが、“今”を楽しむことも忘れないでいきたいですね!

 

~追伸~

最後に、関連のありそうな記事を紹介しておきます!

小説も書いてますので、そちらもよかったら読んでみてくださいね!

自作小説→新しい君と

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました