はじめての人のための3000円投資生活 紹介 投資はコツコツ地道が最強?

実用書紹介

今回紹介するのは“はじめての人のための3000円投資生活”という本です。

この本もお金に関する本なのですが、こちらは他の本と違って『投資』に特化した内容となっています。

そのため、お金に対する考え方や使い方といった部分にはあまり触れていません。

ここからは、この本を読むのにオススメの人をピックアップしていきます!

 

~オススメの読者~

・投資に興味がある人

・お金について学びたい人

 

一つずつ解説していきます。

 

→投資に興味がある人

まずはこの部分です。

この本は、冒頭でも話した通りに『投資』に特化した内容となっています。

特に、『投資信託』について解説してくださっています。

数ある投資の中から著者がこれを選んだ理由は、初心者にも挑戦しやすく、リスクも少ないからだそうです。

その上、ほとんど放置で良いというので驚きです。

著者は、『投資はコツコツ地道に』ということを推奨されています。

というのも、大きなリターンを得ようとすると必然的にハイリスクを背負うことになってしまいますし、投資方法によってはそれに縛られてしまうということになりかねません。

いつかの日に、テレビでFXの取引が特集されていた事がありました。

FXというのはハイリスクハイリターンの投資方法なので、一度に動くお金が桁違いです。

1発当てれば大きいのは間違いありませんが、失敗してしまった時のリスクも桁違いです。

そして何より、パソコン画面に張り付いて取引をするタイミングを監視しなくてはいけないというデメリットがあります。

そういう生活をするのが苦でない人には向いてるのかもしれませんが、大半の人はプレッシャーに押しつぶされてしまうのではないかと思います。

更に言うと、初心者がそんなリスクを背負えば、確実に危険な状態になってしまうと警告されています。

というのも、著者自身がそういった経験をしたという実体験があるからだそうです。

それを考えると、『投資信託』を選んだというのも納得ですね。

『投資信託』は地道にコツコツという要素が強く、リターンが少ない変わりにリスクも少ないという投資方法です。

まさに、『ヒットアンドアウェイ』の戦略ですね!(ちょっと違うかな……?)

ただ、この内容には一つだけ弱点があります。

というのも、長期戦を前提に話を進めていますので、短期的に爆発力のある投資をしたいと考えてる人には向かないということです。

もちろん、掛け金を大きくしてレバレッジをかけるという方法もありますが、それでは結局リスクが高くなってしまいます。

何より、そう考える人はそもそも『投資信託』は選ばないでしょう。

それ以外にも、そんなのんびり待ってられないという人だったり、先より今が大事と考える人にも合わないかもしれません。

この本のテーマは、あくまで『コツコツ地道に』です。

なので、リスクを背負わずに出来るだけ確実性のある道を選ぶ慎重派の人でしたり、あんまり難しいことは考えずにとりあえず挑戦してみたいという人には合うと思います!

 

→お金について学びたい人

続いてこの点です。

この本は投資がメインの内容なので、他の要素はそこまで書かれていないのですが、それでも参考になる部分があります。

例えば、『消・という考え方です。

勘の良い方ならすぐに分かってしまうかもしれませんね?

これは、『消費・浪費投資の略です。

まず、自分が使っているお金がどこに当てはまっているのかを把握しようという内容です。

というのも、そもそもの持ち金がないのに投資を始めることは出来ないですよね?

なので、その基盤を作るためにお金に対する意識を高めていこうということです。

 

・消費=必要不可欠なお金
・浪費=生産性のないものに使うお金
・投資=将来の自分に有効な生産性の高いお金

 

この考え方自体は他の本にも書かれていたりもするのですが、この本は更に一歩踏み込んでいます。

その内容が、それぞれのバランスについてですね。

実際の画像で見た方が良いと思うので、こちらをご覧ください。

 

 

いかがでしょうか?

これはあくまで理想なので、自分の中の最適解を見つけていけば良いと思います。

ちなみに、私自身はといいますと。

 

・消費40%
・浪費5%
・投資55%

 

といった感じです。

浪費の割合は時々高くなったりします。

その後どこかで微調整するという感じですね。

個人的に思うことですが、消費の割合は落とせるだけ落とすに越したことはないと思っています。

というのも、生活を高望みしなければそれだけ別の楽しいことにお金を使えるからです。

これは私の価値観なので、人それぞれ重要視するポイントは違うと思います。

本を読むことや勉強するのが好きな人は投資の割合が高くなるでしょうし、美味しいご飯を食べるのが好きな人は消費の割合が高くなります。

ただ、食費というのは難しいもので消費にも浪費にもなり得ます。

その辺の線引きもしっかりと持つと、コスト意識が磨かれていくのではないかと思います。

消費を抑える方法なんかも書かれていますので、興味のある人は読んでみてくださいね!

その他にも、保険の話や別の投資方法についてのお話も少しだけあります。

なので、他のお金の本よりも少し難しいかなーというのが個人的な感想です。

他の本では見なかったような単語が出てきたりすると、少し読む気がなくなってしまいます笑

ですが、そういったものを知ることによって成長できるというのも事実です。

そういったことから、お金に対して一歩踏み込んでみたいと思ってる人には良い本なのではないかと思います。

 

~まとめ~

今回は“はじめてのひとのための3000円投資生活”という本を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

基盤となる考え方は、やはり『地道にコツコツ』です。

でも、これってなかなか難しいですよね笑

意識してないとつい緩んでしまいます。

お金だけではなく、他の部分でもこの考え方は大切だと思います。

そんなことに改めて気づかされる本でもありました。

興味のある人は是非読んでみてくださいね!

 

~追伸~

最後に関連記事を紹介しておきます。

小説も書いてますので、そちらも読んでみてくださいね!

 

自作小説→新しい君と

コメント

タイトルとURLをコピーしました