めぐりめぐるその日まで

タイトル:めぐりめぐるその日まで

~あらすじ~

様々な事情から如月悠介はやさぐれていた。
そんなある日、文月綾乃という人物に悠介は出会う。
そして、彼女は自分のことを『幽霊』だと言った。
彼女は成仏したいわけではなかったらしく、それどころか悠介の手伝いをしたいと申し出る。
理由が分からない悠介だったが、彼女が手伝いをしたいと言ったのには実は深い訳があった。
綾乃の目的はいかに?そして彼女の正体は一体何者なのか?
夏の一時を描いた、一人の少年と幽霊のちょっぴり不思議な物語。

~目次~

プロローグ

ー綾野との出会いー
夏の到来
兄と弟

タイトルとURLをコピーしました